電車に乗った後の忘れもの

電車に乗った後の忘れもの

電車に乗ってしまった後で忘れ物に気が付くことってありませんか?メールなんか打ちつつ、あるいは文庫本なんか読みつつ、移動時間でゆっくり自分のことをしよう、と思っていた矢先に何かが足りないことに気が付くのです。「やべー!お弁当忘れた!」とか「しまった!社員証がない!」とか「あ!DVD!今日返却期限なのに!」とかなるわけです。

これ、気づいてしまったら超悲惨です。悲惨ですけど戻らないわけにはいかない。下車して、反対側のホームへ移動、さっき来た道を戻るわけです。さっきは携帯音楽プレーヤーで音楽聞きながら、軽くリズムなんかとってご機嫌極まりなかったくせに、今度は惨めな気持ちで。

私はおっちょこちょいの国の名誉市民なのですが、忘れ物はほとんどしません。きっとおっちょこちょいにも猫とか犬みたいに色々種類があって、マンチカンだとかアメショーだとか柴犬だとかパグだとかアイリッシュセッターとか言うように、失言野郎とかうっかり屋とかお調子者とかあるんでしょう。私は忘れ物大将では絶対にない、と思っていたのですが、今日は忘れてしまいました。二日後が返却期限のDVDです。二日後、というところが微妙でどうしようかな、と思わず悩んでしまいましたが、人に迷惑をかけるのもなんだかな、ということで取りに戻ることにしました。友人宅で一緒に見て忘れてきたので電話をかけると、駅まで持ってきてくれるというのでありがたくお願いすることに。改札まで来てくれていたので、駅員さんに「実は忘れ物しちゃってー」とか言いながらスイカの記録をいじってもらわなくてよくなりました。あれ、気まずいですよね。駅員さんはなれているでしょうがこっちはそうそうやりませんからね。特に駅が混雑しているときだと、後ろの早くしろよみたいな視線がいたたまれなくって。

結局、最初に予定していたより一時間も遅く帰る羽目になりました。一時間で済んだという考え方もありますけどね。本当は明日返却するつもりでしたが、悔しいのでその足で返してきました。これで明日持って出るのを忘れて結局延滞料金かかったら泣くに泣けないですからね。笑えますけど。

出る時に確かめればよかったのですけれど、その時は確認したようでいて忘れているんですよねぇ。いやはや。

脱毛裏ワザ脱毛 東京

保護シートの必要性。

最近スマートフォンなどの新しい通信器具がたくさん増えています。

ますますパワーアップした機能が充実し、売れ行きを伸ばしているそうです。

その傍で一緒に売れ行きを伸ばしている物と言えば…。

カバーや保護シートなどのカスタマイズアイテムです(^^)

私はスマートフォンやアイパッドなどの最新器具は一つも持っていませんが、カスタマイズアイテムには非常に興味があります。

従来の携帯にはそういったカバーなどは何もありません。

保護シートはありましたが、それは画面保護では無く画面などのブロックになります。

しかしスマートフォンなどはタッチパネルになる為、様々なアイテムがあります。

例えばですが指でタッチをすると、細かい操作が不便になります。

番号や文字を打つ際にタッチペンなどを購入し、利用している方も居ます。

ペンがあれば細かい操作も簡単に行う事が出来ます。

またスマートフォンなどには専用のカバーがあり、好きな模様や柄の携帯にする事が出来ます。

現在スマートフォンを利用している方のほとんどは、愛着を持っていると言われていますが…。

これだけカスタマイズする事の出来るアイテムがあれば当然だと思いますね。

ますますスマートフォンを利用する方は増え、最近ではコンビニなどでもスマートフォン用のグッズが販売されています。

以前寒い時期に私がコンビニへ行くと、面白いアイテムが販売されています。

それはスマートフォン用の手袋でした。

指の先に生地が無い手袋なのかと思い見てみると…。

普通の手袋と何も変わりはありませんでした。

生地は少し薄めの手袋でしたが、さすがにタッチ画面が反応しないのではないかと疑問に思っていました。

しかし内容をよく読んでみると、何とそのまま触っても反応するように仕組まれていたのです。

どういった技術で作られているのかは判りませんが…。

時代もここまで進化したのだと思いましたね。

しかしスマートフォンが流行する反面、私には困っている事があります。

それは従来の折りたたみ式の携帯が無くなってしまうのではないかと言う点です。

スマートフォンのようなハイテクな機械には憧れますが…。

私はやはり従来の携帯らしい携帯が好きです。

カスタマイズを行う事は出来ませんが、ただストラップを付けるだけでも楽しむ事が出来ます。

従来の携帯にもカスタマイズアイテムなどを販売して欲しいと思いますね。