ウォンバット

ウォンバット

ウォンバットという生き物をご存知でしょうか。いじけたマイナス思考のぶさかわいい超小型のイノシシに見える写真もありますが、カンガルー目の生き物で、生態的にはコアラに似ているそうです。オーストラリアの有名な生き物の一つで、昔は駆除されていたそうですが(穴を掘るので、それで家畜とかがはまっちゃうらしいんですね)今は保護対象だそうです。にもかかわらず、一部には勝手に駆除してしまう人もいるんだとか。ずんぐりしていて小さくて絶妙にかわいらしいこの子に私は一目ぼれをしてしまいました。オーストラリアを訪れる際にはもう絶対会いたい、できることならだっこしたいと考えていますが、どうでしょうかねぇ。

友人に去年オーストラリアに行った人がいます。彼女曰く、動物園でウォンバットのコーナーはあるにはあった、とのことです。「あるにはあったって何それ?」と思わずつっこむと、「巣穴からほぼ出てこないし、夜行性だから昼間は全然動かなかった」とのこと。あぁー、と思ってしまいました。ありますよねぇ、そういうこと。動物園とかに行ってありがちながっかり出来事の一つです。この、習性というものはいかんともしがたい。

ウォンバットにはファンも多いようです。納得がいきます。実に独特のかわいらしさですからね。オーストラリアでは個人でペットとして飼っている人もいるとのことで、それを聞いた時は是非私も、と激しく心をかきたてられました。でも、日本だとどうやら難しいようです。日本の動物園にいるのはコモンウォンバット、という種類でワシントン条約での取引規制はないらしいのですが、オーストラリア政府が国外持ち出しを制限しているらしいです。残念。とても賢く、かまってやらないとうつ病になったりする、ということらしいので、たまらなく心くすぐられたんですけどねぇ。

でもあれですね。罪な思考回路ですよね、かわいい→飼いたいという考え方は。ウォンバットにしたって日本の狭い家で無理矢理撫でまわされて、好きな穴も掘りたくても掘れないような状態になるくらいなら、動物園でなるべく自然の環境に近い自分のコーナーで、穴を掘って生活するほうがいいのではないでしょうか。いくらたくさんの目に始終さらされるとはいえ。

生き物を飼うことの残酷さについて考えると胸がちくりと痛みます。

脱毛 手の指脱毛 乳輪

一番憧れている物。

私がいつも利用しているスーパーの店員さんは、とても小顔です。

身長は高い方だと思いますが、顔が小さく目がぱっちりとしている為とても可愛らしく見えます。

私にとって小顔の方は憧れの対象だと思います。

私も顔自体はあまりでかくはありません。

身長や体が小さい為、もちろん顔も小さいと思います。

しかし寝不足をしている時や、逆に寝過ぎてしまった時には顔がむくんでしまいます。

顔がむくんでいる日は、顔がパンパンな状態になっています。

顔がむくんでしまっている時には、温めたり冷やしたりする事が良いと以前聞いた事があります。

二日酔いになってしまった時にはいつもタオルなどで冷やしていました。

冷やしてスグは確かにむくみが取れています。

しかし時間が経つとまたむくんだ顔に戻ってしまっている事があります。

そして更に一度むくみだすと、なぜか数日間はむくんだままになってしまいます。

化粧をしてもむくんだ顔を治す事は出来ません(--;)

顔がむくんでしっているとそれだけで「太った?」と聞かれてしまいますが…。

これ程悲しい勘違いは無いと思いますね。

最近は色々と効果のある小顔マッサージは無いかと調べていると…。

やはりリンパマッサージが効果的だと紹介されていました。

リンパマッサージとは、目に見えないリンパの流れを調整する事です。

リンパ液は顔の老廃物などを運び、無くしてくれる働きがあります。

そして私達の顔に存在するデコルテラインには、このリンパ接が集まっているのです。

そこを軽く押すようにマッサージをして行くと、流れを良くする事が出来ます。

その他にも小顔にする為には、顔の凝りを解消する事も大事になります。

むくみだけでは無くエラのような物が張っていると…。

もちろん小顔に見える事はありません。

エラなどは変えようの無い骨格だと思っていましたが…。

顔全体の凝りを解消するだけでも無くす事が出来るそうです。

丁度耳の後ろにあるくぼみを人差し指で軽く押すだけです。

そして押しながら首を上下に動かすとマッサージをする事が出来ます。

これも小顔マッサージには大切な動作になります(^^)

マッサージをした後は何だか顔がすっきりした気分になります。

お風呂場などで行うとマッサージがしやすいと思いますね。